低分子コラーゲン

頭に赤いアクセサリーを付けた女性

基礎化粧品はファンデーションなどのメーキャップ化粧品の前に使用するもので、主にスキンケアとしての性格が強くなります。
日頃の肌のスキンコンディションもこの化粧をどう行っているか、またどういった商品を使用しているかによって影響を受けてきます。
それだけに自分の肌と基礎化粧品は密接に関係しています。
販売されている商品もそれぞれ配合成分が違っているため、肌に合わせた適切な成分が配合されているものが選べます。
これらの具体的な種類を挙げていくとプレ化粧水、化粧水、乳液などがあります。
プレ化粧水は一番最初に使用する化粧水で、次が化粧水を用います。
その後は乳液やクリームなどを用いて保湿を行い、ベースメイクをしていくことで綺麗な肌を作り上げます。

ブースター、あるいは導入化粧水などとも呼ばれているプレ化粧水はこれまでの化粧の概念を覆す製品として大きく注目を集めています。
これまでの化粧では最初にクレンジングで汚れを落とし、そこから化粧水、そして美容液などを用いていましたが、このプレ化粧水はそのクレンジング後に用いる化粧水です。
化粧水の前に使用することで、他の化粧水や美容液の成分をより浸透しやすいようにしてくれます。
角質層に留まって他の美容成分の呼び水として働く仕組みです。
これによって今まで使用していた化粧品の配合成分の効果を高める事ができるため人気となり、利用する人が増えています。
他の化粧品には無いこの特徴と人気から今後もプレ化粧水は定着をしていくと見られています。